• トップページ
  • e世論とは
  • 投票
  • みんなの提言
  • セミナー
  • 電子書籍

第8回 中国の海洋進出と東アジアの安全保障

s140825-thumb
■開催日時
2014年8月27日(水) 13:30-16:30
*懇親会 16:30-19:00
■開催場所
東京都新宿区神楽坂2-6-1
東京理科大学「理窓会館」7F 第2会議室
■金額
・講演会  会費2,000円
・懇親会  会費3,000円
■講師
防衛省防衛研究所地域研究部北東アジア研究室 主任研究官
■定員
60名

セミナー概要

【講演内容】

昨今、中国による強引な海洋進出が続いています。

東シナ海では日本の領土である尖閣諸島に政府公船を派遣し、領海侵入を繰り返しています。
また尖閣諸島上空を含む「東シナ海防空識別区」を一方的に設定、
中国の戦闘機が自衛隊機に危険な接近飛行を行うなど、挑発的な行動に出ています。

南シナ海では、スプラトリー諸島などの領有権を争っているベトナムやフィリピンに対し、
漁船の拿捕や調査船の航行妨害、大型の石油リグを使った一方的な掘削や、
米軍艦船の航行に対する妨害行為も繰り返しています。

中国はなぜ、このような他国との摩擦を顧みない強引な海洋進出を行っているのでしょうか?
本セミナーでは、こうした中国による海洋進出の背景を分析し、
中国の行動が東アジアの安全保障にどんな影響を与えるのかを解説します。 

 

講師紹介

■飯田将史氏 防衛省防衛研究所地域研究部北東アジア研究室 主任研究官

■略歴
1972年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了(1996年)、
スタンフォード大学東アジア研究センター修士課程修了(2005年)。
防衛庁防衛研究所助手を経て現職。
スタンフォード大学東アジア研究センター客員研究員(2010年)、
米海軍大学中国海事研究所客員研究員(2013年)も務める。
専門は中国の外交・安全保障政策、東アジアの国際関係。
著書に『海洋へ膨張する中国』(角川SSC新書、2013年)など

 

セミナー日時

■開催日時
2014年8月27日(水)
・13:30-16:30 講演会 7F第2会議室
・16:30-19:00 懇親会 6F談話室
■開催場所
東京都新宿区神楽坂2-6-1 東京理科大学「理窓会館」7F 第2会議室
■金額
・講演会 会費2,000円
・懇親会 会費3,000円
■定員
60名

 

セミナー申込み

の部分は記入必須です。

お名前(ふりがな)
お名前
メールアドレス
所属組織・役職
懇親会に参加しますか?  はい いいえ
その他ご質問

入力内容に間違いがないか確認し、「送信」ボタンを1回だけ押してください。