• トップページ
  • e世論とは
  • 投票
  • みんなの提言
  • セミナー
  • 電子書籍

集団的自衛権の行使の是非

結果公表

グラフ1
集団的自衛権の行使容認問題は未だ国民の理解が進んでいないとの状況下で敢えてお伺いします。 貴方は集団的自衛権についてどのようにお考えですか。 

v0019-1

 

総合総評

設問「集団的自衛権についてどう考えるか」については容認はできないが28%で、容認の72%が全体的には大勢を占めているが、容認の内容では憲法を改正すべきが28%で最もも多く、制限付きで容認が23%であり、憲法改正または制限付きが51%を占めており、その他は無条件容認の5%と憲法解釈変更で容認の15%を合わせると20%で、容認の72%の中身は複雑で、その結果をを見ると憲法解釈変更レベルでは集団的自衛権の行使は認めず、憲法改正すべきの意見が強い。

21件の個人のコメントを見ると戦後の平和憲法制定の時期とは世界情勢が大きく変化しており、憲法前提の平和主義が揺らいでおり、世界情勢に 合わせた憲法解釈の変更が当面必要であり、自衛権の行使についての制限が与野党で現在論議されているが早急に行使制限を確定したとしても、基本的に憲法改正が必要との意見が多い。
いずれにしても戦後の米国依存の防衛意識から国民の意識改革が必要な時期にあると感じている。

 

e世論協会特別資料:みんなの意見

※この度の投票で頂いたコメントを全て掲載した電子資料を制作しました。資料の閲覧は会員様限定となっております。資料を読む場合は下のボタンを押して会員登録をしてください。
※既に会員登録済みの方はこちらよりログインし、資料のダウンロードをして下さい。

v0019-ebook-thumb

集団的自衛権の行使の是非 第19回投票結果

2014年4月、e世論協会で行われたネット投票。集まった数多くの意見・提言を資料にして刊行。

■ 発行者:一般社団法人e世論協会

■ 料金:無料

■ ページ数:14ページ

■ ファイル形式:PDF