• トップページ
  • e世論とは
  • 投票
  • みんなの提言
  • セミナー
  • 電子書籍

福島汚染地域の住民帰還問題について

結果公表

31%がわからないとの答えで専門的に理解できず、資料やデータからも20mSvが理解できないが24%で、24%が感情論だと健康問題は生じないと答えているが大半はわからないが80%以上でこの問題は専門家がはっしりと方針を出すべきだ。

グラフ1
年間20mSvの放射線量と健康について、あなたはどう思いますか?

v0021-1

 

帰還するかどうかは住民の判断に任せるべきで国が決めるべきではないが41%であり、20mSv以下では19%が早期帰還をを進めるべきと合計60%が早期帰還を望んでいる。

グラフ2
放射能汚染地区への住民帰還について、あなたはどう思いますか?

v0021-2

 

帰還を希望しない住民には他地域への移住を支援すべきが38%でもっとも高く、帰還した住民には健康診断を定期的に実施して放射線と健康との関係を学問的にも確率すべきは25%で、いずれにしても精神的損害賠償(14%)、医療以外にも保護援助(13%)、医療費全額免除(11%)と約40%が住民への支援を希望している。

グラフ3
住民帰還を行う場合、住民のケアで賛成するものにチェックを入れて下さい。

v0021-3

 

住民帰還コストは増税ではなく、他の予算を削減して充当すべきが49%で大半を占めており、増税でとの13%を大きく上回ている。

グラフ4
住民帰還事業にかかるコストについて、どう思いますか?

v0021-4

 

総合総評

被害者支援は増税ではなく他の予算を削減し充当すべきが大半で、まだまだ無駄な予算支出を監視し早急に希望する住民には住民帰還を急ぎ支援し、帰還を希望しない住民には支援を具体的に実施すべきで、不動産買い上げ、医療費の長期的国費負担、被害者財政支援の具体化を急ぐべきであり、放射能レベルでの帰還決定が住民に任せてくのがよく、国が勝手に決めてやるのはやめるべきとの意見が強い。

 

e世論協会特別資料:みんなの意見

※この度の投票で頂いたコメントを全て掲載した電子資料を制作しました。資料の閲覧は会員様限定となっております。資料を読む場合は下のボタンを押して会員登録をしてください。
※既に会員登録済みの方はこちらよりログインし、資料のダウンロードをして下さい。

v0021-ebookthumb

福島汚染地域の住民帰還問題について 第21回投票結果

2014年6月、e世論協会で行われたネット投票。集まった数多くの意見・提言を資料にして刊行。

■ 発行者:一般社団法人e世論協会

■ 料金:無料

■ ページ数:10ページ

■ ファイル形式:PDF